アニメ

つうかあ 第1話 「Exibition」

投稿日:

サイドカーファンは、どれぐらいいるだろう。オタクならば、ドイツ軍ミリタリーファンぐらいか。
かくゆう私は、遠い昔親父がハーレー・ダビッドソンのサイドカーを所有していたため、子供の頃パッセンジャーをやらされていた。サイドカーは誰かが横に乗っていないと安定しないのだ。スピードを出すときは、パッセンジャーはそれに合わせて体重移動しなければならない。
誰も乗らないときは、砂袋を乗せるが、当然スピードは出せない。子供たちが独立してパッセンジャーをしてくれなくなったので、その親父も泣く泣くサイドカーを手放した。

このアニメは女子高生がサイドカーレースに賭ける青春を描く。舞台の三宅島がサイドカーレースの聖地になって、速度違反がないという無茶苦茶な設定だ。

 

第1話はそのエキジビション・レースで主人公が殿一気を決めて勝利する現在に、厳しく手ほどきしてくれたコーチがマン島(世界的サイドカーレースの聖地)へ旅立つまでの回想シーンを織り込んでお送りする。「イニD」などレースアニメには不可欠な三木眞一郎がコーチの声を演じている。

某動画の書き込みを見ていると、バイク文化が廃れた現状を考えてしまう。「ばくおん」が中年には受けたが若者に全く受けなかったように、今の子供達はバイクがどういうものか知らない。あるいはそもそもカーレースを知らない。
そこへ来てサイドカーのアニメである。ところがサイドカーを見たことがない奴が大勢いた。これはかなりアウェイの展開である。哀愁漂うバイク・ファンとして判官贔屓でしばらく視聴を続ける。ただしオリジナルアニメなので、どっちに向かって進むのかわからない。

 

-アニメ
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

「ふらいんぐうぃっち」第二回

TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』 第五回 予告

僧侶と交わる色欲の夜に 第13話(総集編) 「深谷と九条のラブラブ日記」スカートの中はノンケモノでした

迷家-マヨイガ 第10話「苦しい時の神様頼み」

昭和元禄落語心中2-助六再び編- 第4話 寿限無