2019 競馬

きさらぎ賞 (GIII、芝1800m)2019 ダノンチェイサー 雨馬場を苦にせず完勝; 東京新聞杯 インディチャンプ

投稿日:

京都競馬場、雨の良馬場となったきさらぎ賞。三番人気のダノンチェイサー(ディープインパクト産駒、川田騎手)が離れた二番手で先行して、ゴール前で突き放し完勝する。勝ち時計は1分49秒0(上34秒8)と平凡だが、この日は雨が降る前から時計が掛かっていた。実力を測るには、次のレース(スプリングS?)を見る必要がある。

二着は1枠から外を追い込んだ岩田のタガノディアマンテで、上がり34秒4はメンバー中No.1である。三着は逃げ粘ったランスオブブラーナ。

人気の社台ノーザン勢がふがいなかったためだろうが、他馬が雨馬場を苦にした感がある。

 

 

東京新聞杯は好天に恵まれた東京競馬場・良馬場で行われた。

出遅れた一番人気インディチャンプ(福永祐一騎手)だが、前半57秒9のハイペースで早めに中団内に取り付けて、直線で一瞬タワーオブロンドン(二番人気)に競られる場面があったが、終始内を廻って、残り200mで抜け出して勝った。勝ち時計は1分31秒5(上33秒5)だが、切れるイメージはない。もちろん、実績通りマイルが適距離だと思う。ただし強いマイラーはマイラーズカップから始動するから、どれだけこの時計を評価できるか分からない。

二着争いを制したのはレッドオルガ(北村友一騎手)、三着は前走休み明けで惨敗して四番人気に落とされたGI馬サトノアレス(柴山雄一騎手)。この頭差は騎手の差のようだ。今日はユーイチ三連複馬券だった。

上がり一位は最後方から追い込んだ9着レイエンダ(レイデオロの全弟)で、調教がわりとは言え瞬発力の無駄遣い。少なくともマイラーではない。

 

 

-2019, 競馬
-, , , ,

執筆者:

関連記事

大阪杯(G1) 2017 キタサンブラック

プリンシパルS ダイワキャグニー; 京都新聞杯 プラチナムバレット 2017

菊花賞 2016 サトノダイヤモンド

スプリングS  ステルヴィオ 2018 スローの上がりの競馬でエポカドーロを差す

高松宮記念 2017 セイウンコウセイ